「平安御所解牡丹」 日本の風物を表現した霞の合間に覗く色とりどりの吉祥紋様が美しい几帳、極彩色の四季の花々、優美な雰囲気漂う鼓が王朝時代の雅やかさを感じる雅趣に富んだ色打掛です。緻密に描かれた繊細な柄行が地を覆い尽くすほどに連綿と重なり合い、一際光彩を放つ晴れの日にふさわしい豪華絢爛な逸品です。
ID
色打掛:61-189

Recommend

ページトップへ