「裂取鶴の丸に蝶」 七宝や青海など様々な紋様を繋ぎ合わせた裂取の地に、日本を代表する花でもある桜、百花の王と讃えられる牡丹、愛らしい花とその薫りから古来より愛されてきた梅や菊など、華やかに咲き誇る花々とその中を悠々と飛翔する鶴と蝶を丸く可愛らしいタッチに仕上げました。色彩を豊かに使用した西陣織の衣裳は花嫁様の晴れ舞台をいっそう華やかなものとすることでしょう。
ID
色打掛:01-2725

Recommend

ページトップへ